未分類

サンダルを履かざるおえないときのサンダルについて

私は男であまりサンダルを、履かないタイプなのですが、季節上夏など履かざるおえないときのために最低一足以上は用意するようにしています。

では履かざるおえないときとはどんな時か?私の場合それは大きく2つに分けて、仕事で必要な場合と、プライベートで夏祭りなどへ行くのに浴衣や甚平を着たときです。

前者の仕事で必要場合の時とは、私は事務仕事が主なので、常にではないのですが、出先で作業を行うのに、何度も靴を脱ぎ剥ぎするような現場に行ったときに、必要になります。そんな時はクライアント場所にもよりますが、もっぱらクロッ◯ス系のサンダルを履いていきます。革靴よりも周りもそのような人が多く、効率的でもあります。ただ一度サンダルを間違えられてしまったことがあり、それ以降はクロッ◯スに取り付けるソフトバッジを着けて他の人のサンダルと間違えられないようにしています。

後者の夏祭り等の外出で必要な場合は、やはり着物や甚平を来て出かけるときではなきでしょうか。私にとって下駄は苦手で歩きにくいですし、ましてはシューズを履いていくわけにはいかないですし、そんな時にサンダルを履いてコーディネートを合わせています。サンダルは足全体を覆うようなタイプではなく、適度に足が露出するもので、ソールがしっかりしていて、歩きやすく、カジュアルなものを選んでいます。